「丹田」の正体。

 

今日も「咲心棒☆」体操で身体を捻じ♪捻じ♪である。

 

ワタシは常々「肚から動け。」てなことを口うるさく、

 

また聞かされる人は耳にタコが出来るくらい言っているのであるが、

 

これは、「丹田」から動けということであり、「丹田」を育てることなんである。

 

でも、「丹田なんてわからないわ。」てな人が多いみたいである。

 

現代人は、あたまでっかちだからである。

 

 

で、「咲心棒☆」を使って、身体全体を捻じ♪捻じ♪やるのであるが、

 

ま、健康で柔軟な身体創りが最大の目的であることは言うまでもないのであるが、

 

武術を使える身体への応用も兼ねてやっているのである。

 

その中の目的の一つが「背骨を動かす。」であり、

 

また一つが「肩甲骨を動かす。」であり、

 

で、「骨盤を動かす。」である。

 

 

骨盤だけ文字をデカくしたけれど、

 

まぁ、どれを動かしても、すべてが連動するからデカくする必要もないけれど、

 

武術において大事な「丹田」は「肚」なので、デカくしたのである。

 

 

で、この骨盤周りには、たくさんの深層筋肉があって、

 

その代表が大腰筋でその他あれこれを合わせて「腸腰筋」と呼ぶそーである。

 

こいつらが凄いパワーを発揮するわけである。

 

で、骨盤を動かすには、この「腸腰筋」を使うということである。

 

使えば鍛えられるのである。鍛えればパワーが上がるのである。当たり前かよ。

 

で、この「腸腰筋」は、4つ足動物には、ほとんどないそうで、

 

2本足で立つ人間ならではのモノなんだそーである。

 

で、「腸腰筋」が衰えると姿勢が悪くなり、老化ということになるわけである。

 

大雑把だけど、これら深層筋肉は「赤筋」と呼ばれ、表層筋肉は「白筋」と呼ばれ、

 

「赤筋」には「ミトコンドリア」がたくさんいるそーである。

 

この体内にいる「ミトコンドリア」という微生物は、

 

生命維持活動などの重要な役割を担っているそーである。

 

で、人間の腸の中の細菌たちにいろんな影響を与えるそーである。

 

 

腸腰筋」・・・「腸」である。

 

腸腰筋」を動かすと、「ミトコンドリア」が活発になって、

 

「腸内細菌」が活発になるということである。

 

中でも、トンデモナイ長さの「小腸」にはたくさんのヒダがあって、

 

身体に入った食べ物などを消化し吸収する働きをするのであるが、

 

この「小腸」の働きが活発になると、身体全体の血流が良くなり、

 

その血が流れる振動が「氣の波動」となるそーである。

 

 

また「腸」は「第二の脳」と呼ばれているが、

 

本来は「第一の脳」で、腸内細菌などの働きなどによって生まれた考えを

 

頭の脳みそがキャッチしているそーなんである。

 

 

信じられますかー?

 

 

ということで、「腸」を元気元気にすれば、

 

身体も元気、氣は溢れ、良い思考が浮かぶという、

 

これが「丹田の正体」である。

 

 

 

咲 心太郎

ワタシの「アイキ♡解明♪」。

 

昨夜も道場稽古がない日だったので、

 

ワタシのお店という本部道場で、ゆっくりと、みっちりと、一人稽古である。

 

ここ最近は「咲心棒☆」と「炭光」のおかげだろーか、

 

どんどんと身体の感覚が変わり、違った身体の使い方が見つかったり・・・と、

 

自分でも少しずつ進化成長してることを実感するのが増えているのである。

 

で、昨日は、随分と久しぶりに「本気突き」を少しだけやってみたら、

 

 

何とも言えないイイ突き♪

 

 

になっててビックリである。

 

きっと、その威力も自分の想像以上なんじゃなかろーかと思うほどである。

 

しかし、まだまだこんなもんじゃないと思う自分もいるから、

 

これからも稽古修行精進に励むのである。

 

が、どれだけイイ突きになろーが、どんだけ威力が上がろーが、

 

 

ワタシは、もう二度と他人に「本気突き」は出さない。

 

 

と、5,6年前に決めているので、いくらやっても意味がねーのである。

 

じゃ、なんでやるの?

 

 

 

5,6年前に「今後、本気突きを他人に出したときは空手を辞める」と決めて、

 

それからは、組手の時は、よく出してせいぜい5割くらいでやってるのである。

 

まぁ、大体は5割以下でやってるのである。

 

これは、

 

「相手を傷めないように!」

 

という心が芽生えたからで、

 

その心は「合気」、そして「アイキ♡」へと通じていくのである。

 

 

その「アイキ♡」という摩訶不思議な力が働くと、

 

こちらは何もしなくても相手が固まって動けなくなる。

 

という現象が起こるのであるが、

 

そーなると、ますます突きや蹴りなんていうモノは要らなくなるのである。

 

強烈な「アイキ♡」が働くと、髪の毛1本つまんでも、息を吹きかけるだけでも・・・

 

相手を転がしたり、吹っ飛ばしたり出来てしまうのである。

 

まぁ、こんなことが出来ても、何にもならんのであるが、

 

男なら憧れるだろーと、「アイキ♡」へ向かわせる神ちゃまからの「釣り餌」である。

 

その「アイキ♡」の真の目的は、こんなちっぽけなことじゃねーのである。

 

で、現在、ワタシの「アイキ♡」は、何人かのお弟子さんにこれが出来るのであるが、

 

いずれ、もっと多くの人に「アイキ♡」が働くよーになるよーである。

 

と、ますます、突きや蹴りが要らなくなるのであるが、

 

 

突き蹴りの稽古なくして、ワタシの「アイキ♡」は無い。

 

 

人生とは矛盾だらけなんである。

 

で、突き蹴りの威力を上げるのは「殺人拳」を育てることであり、

 

この「殺人拳」のパワーを上げて、そのパワーを優しさに変えるのである。

 

このために武道は心や精神を重んじるのである。

 

それで「活人拳」となって、「合気」になるのである。

 

そのパワーの根源になるのが突き蹴りの「殺人拳」であり、

 

それを「活人拳」に変えた「合気」が「アイキ♡」へと昇華していくのである。

 

そして「アイキ♡」は、やがて「愛♡」に還るのである。

 

ワタシらはみんな、「愛♡」から生まれたんである。

 

その「愛♡」は「無敵」なのである。

 

ここを目指し、大きく育てるのである。

 

これが、ワタシの「アイキ♡解明♪」である。

 

これ、裏の裏、奥の奥、先の先まで、心で読んでちょ♪

 

 

 

 

咲 心太郎

だから、やれるだろ。

 

昨日、あのマイクタイソンの新しい動画があったので観たのである。

 

「世界最強」って、この人のことなんじゃね?と、ワタシが思った唯一の人である。

 

まぁ、パンチ一発が数億円!とか言われた人である。

 

で、その動画は現在54歳の姿なんであるが、

 

どーやら今週末にエキシビジョンマッチを行うそーで、

 

その試合に向けたトレーニングの様子を撮影した動画である。

 

ミット打ちやらサンドバック打ちやら・・・

 

 

なんちゅう動きやねん!

 

 

とても54歳とは思えないキレやスピードである。

 

現役当時と変わらんのじゃね?と思えるくらいなんである。

 

で、お顔を見れば、シワが増え、ヒゲは白髪になり・・・

 

 

腹筋は割れ、ピッキピキの筋肉!

 

 

顔以外は、54歳とは思えない肉体である。スゲー。

 

 

まぁ、この方は、現役時代の時から、

 

傷害事件やらなんだかんだの奇行やらと、たくさんの問題を起こしたのであるが、

 

この動きや肉体を見たら、引退して15年くらいだから、

 

とても短期間のトレーニングではここまで取り戻せないだろーと思うのである。

 

 

きっと、何かしらやり続けてきたんだろーね。

 

 

引退後も、怠惰な暮らしはしてなかったんだね。

 

 

で、この試合の相手の方も凄いボクサーだった、現在51歳の人で、

 

こちらもトレーニングの動画があったから見たけれど、

 

やっぱり51歳とは思えない動きなんである。

 

 

で、また、今朝の新聞に元メジャーリーガーのイチロー選手が、

 

現在47歳にして、

 

 

その人生で最速の球を投げたそーである。

 

 

という記事である。

 

こちらも、引退後もトレーニングを続けているそーである。

 

 

 

50歳という年齢は、人生の大事な節目で、その50歳前後の時の心持ちや生き方で、

 

それ以後の人生が、「成長を続ける人生」か「衰えていく人生」かの分かれ道になる、

 

と、随分と前に何かで教わったのであるが、

 

こんな方々を観て、ワタシも「成長を続ける人生」を歩みたいと思った次第である。

 

 

ってか、

 

 

50歳を待たずして「衰えていく人生」を選ぶ人が多くね?

 

 

50歳を過ぎても成長出来るんだからさ、がんばろーぜ♪

 

我が咲心館には60歳を過ぎても成長してる人もいるんだぜー♪♪

 

世界のトップに立ったような人たちがそこからさらに成長するってことに比べたら、

 

ワタシら凡人が成長することなんて、したところでたかが知れてる・・・

 

 

だから、やれるだろ。

 

 

で、死ぬまで、自分が成長した♪って思える歓びを味わおーぜ。

 

 

 

 

咲 心太郎

サッカーの話!?

 

元アルゼンチン代表サッカー選手だったマラドーナがお亡くなりになったそーである。

 

まぁ、代表というより国民的英雄だった人である。

 

1986年のワールドカップにおいて、

 

5人抜きでゴールを決めたり、神の手と呼ばれるゴールを決めたりと、

 

アルゼンチンを優勝に導いたのである。

 

 

咲心太郎は、中学生の時からサッカーを始めて、

 

「絶対にサッカー選手になって生きる。」

 

と、決めて生きていたのであるが、

 

ちょうど高校2年生の時にこのワールドカップで初めてマラドーナを見たのである。

 

で、

 

 

マラドーナになりたい♡」

 

 

一目ぼれ♡である。

 

それからは試合を全部ビデオに撮って、

 

何十回と観ては真似をしながら練習に励んだのである。

 

で、右利きのワタシだけれど、マラドーナは左利きだったので、

 

左足での練習を増やして、左利きのような動きも出来るようになって、

 

 

「北陸のマラドーナ☆」

 

 

もちろん自称に決まってるのである。

 

で、試合でワタシも5人抜きを決めたけれど、シュートを外し、

 

 

「一人でやってんじゃねーよ!」

 

 

と、チームメイトから、怒涛の非難を喰らったりしたのである。

 

所詮、自称「北陸のマラドーナ」であるから、こんなもんである。

 

とは言え、かなりの本気でサッカーに打ち込んでいたから、

 

まぁまぁ上手であったのであるが、

 

ヤンチャな性格が災いして、高校3年の時にサッカーを辞めちゃったのである。

 

で、その2,3年後だったか・・・

 

Jリーグが発足するというニュースを見たときにゃ~、

 

 

「なんでサッカーを辞めちゃったんだよー!」

 

 

と、すっごい後悔をしてすっごく落ち込んだのである。

 

で、ますます落ちぶれる人生を歩むことになったのである。

 

 

が、それから数年後、空手に出会い、今があるわけであるが、

 

このサッカーを辞めてしまった後悔が、

 

今もなお、空手を続ける原動力になってる・・・

 

また、あのマラドーナに心底から憧れて、

 

その真似をしながら練習に励んだ日々が、

 

今もなお、達人に憧れて稽古に励む力になってる・・・

 

のである。

 

人生は、何が災いして、何が幸いするかはわかんねーのである。

 

で、ワタシはもう、ただひたすら、ひたむきに空手で生きるのである。

 

 

と、こんなワタシの人生に凄い影響を与えてくれた、

 

ディエゴ・マラドーナさんに心から感謝とご冥福をお祈りするのである。

 

 

 

 

咲 心太郎

信じてみないかい♪

 

昨日も「合気とか氣なんて信じられねー。」なんて仰る方と話したのであるが、

 

まだまだ、「合気」とか「氣」とか、何か特別なモノだと思う人が多いのである。

 

まぁ、動画などでお弟子さんをポンポンと簡単に投げ飛ばすのを観て、

 

「あんなのインチキだろ。」

 

で、

 

「なんで、試合に出て強さを証明しないんだよ。」

 

と、信じない人は皆、このお決まりの台詞である。

 

で、特に人生で成功してたり、空手で強い人間ほど、その兆候が強いみたいである。

 

 

 「オレにやれたら信じるわ。」

 

 

最期の決め台詞も、大体がこれである。

 

 

このワタシも30歳頃までは、

 

神も仏も幽霊もUFOも・・・

 

見えない、聞こえない、触れない・・・

 

科学的証明のないモノは、全く信じていない人間だったのであるが、

 

大好きだったブルースリーが、「何かわからない力」を身に付けたことを

 

自らメモに書き残していたという書を読んで、

 

それからワタシは、この「何かわからない力」を追求する日々が始まったのである。

 

で、それから10年、いろんなあれやこれやを経て、

 

師となる人に出会い、「アイキ♡」という不思議な力をいただいたのである。

 

その「アイキ♡」のなかには、もちろん「合気」も含まれているのである。

 

 

ま、ワタシは、この師に出会うまでの10年もの間、

 

明けても暮れても、この「何かわからない力」に恋い焦がれ、

 

一心不乱に探し求めていたけれど、

 

初めて師に技をかけられたときには、

 

 

なんじゃこりゃ~!

 

 

なんでこーなるの?

 

 

信じてたのに、信じられねーと思うようなことを体験させられたのである。

 

で、体験してない人が信じられねーのも、仕方ないのである。

 

それまでに書物などでたくさん学んできたけれど、

 

現実的には理解不可能なことで、凄い衝撃だったのである。

 

で、それから1年後、ワタシにも少しこの「何かわからない力」が働くようになり、

 

そんで10年経った今は、その理解も随分と進んだのである。

 

 

で、「合気」を知らねー、出来ねーのが当たり前ではなくて、

 

 

知らねー、出来ねー方が、おかしい。

 

 

ということがわかったのである。

 

なんで、知らねー、出来ねーのかもわかったのである。

 

でも、信じない、知りたくないって人は、それでいいんである。

 

ま、別にどっちでもいいのである。

 

知ればそれを知った、歓びや幸せがあるけれど、

 

知らなくても、それを知らないや歓びや幸せがあるのである。

 

ちょっと、「歓びや幸せの質」が違うだけである。

 

まぁ、そーやって、価値観の違う人がいて、この世が成り立っているのである。

 

ただ、ワタシは知らなかった頃の自分には、もう二度と戻りたくねーと思うのである。

 

で、こうして、みなさんにおススメしてる次第である。

 

また、特に自分を弱い人間だと思う人は「合気」に進むべきだと思うのである。

 

 

「合気」は弱い人間にこそ働くのである。

 

 

信じてみないかい♪

 

 

 

 

 咲 心太郎

残りあと1ヶ月☆

 

今日で、このブログも336話目である。

 

 

 よー、書いたな・・・。

 

 

「365日、毎日書く」という目標達成まで、残すところ、あと1ヶ月である。

 

で、この目標達成は、ほぼ確実なんであるが、

 

このブログの本来の目標は、

 

 

咲心館の空手を知ってもらい広める。

 

 

だったんじゃねーの?である。

 

自分の空手流派と咲心館を立ち上げるという大それたことをやらかしたという、

 

その興奮冷めやらぬ脳みそは、「ブログを書く」という行為にまで走らせたのである。

 

で、しばらくすると、興奮が冷めて、冷静になった脳みそは、

 

 

「知らない人に知らせる前に身近な人が先だろ。」

 

 

と、あったりまえのことにとっくの昔に気づいたのであるが、

 

やり始めた以上、「365日、毎日書く」という目標に変えて書いているのである。

 

で、これを読んでくれた人には、何かしらプラスになるように書いているのであるが、

 

何をどーしても、マイナスにしか取らない脳みその人間もいるだろーから、

 

そこは知ったこっちゃ~ねーのである。

 

 

でも、まぁ、スゲー師匠からいただいた「アイキ♡」という、

 

わけのわからん摩訶不思議なモノをこのブログに込めて書いているから、

 

こんな低次元な文章でも、毎日書き続けるのはなかなか大変な作業なんである。

 

しかも300話も超えると、話のネタがねーので、これも大変である。

 

で、何年もたくさんの人たちのためになるブログを書き続けるという、

 

ブロガーって人たちは凄いね~。

 

ブログを書いてみて、ホントにそう思うのである。

 

まぁ、人には向き不向きがあるから、

 

やっぱり、ワタシは空手をやり続けるという、空手家の方が向いてるよーである。

 

ってか、咲心太郎には空手しかねーのである。

 

でも、

 

 

残りあと1ヶ月☆

 

 

死なねー限り、毎日書くのである。

 

その後は・・・

 

辞めるかも知れねーし、

 

気が向いたときだけ書くかも知れねーし、

 

まぁ、テキトーにお気楽にやるのである♪

 

 

とりあえず、あと1ヶ月、

 

一生懸命にがんばって書くので、読んでちょーだい。

 

 

 

 咲 心太郎

ファンは辞める。

 

去年だったか、たまたまTVで見た、とある総合格闘家の方の雰囲気が、

 

なかなかワタシには好ましいと思ったから、

 

格闘技界の人の中では随分と久しぶりにファンみたいな気持ちになったのである。

 

で、多才なこの方はユーチューバーもやって成功していて、

 

いつも楽しまさせていただいているのである。

 

 

そんな先週土曜日、9ヶ月ぶりだったか、試合をして敗戦を喫したよーである。

 

で、昨日、その負けた試合を動画で観て、

 

「また、さらに強くなるんだろーね・・・。」

 

と、思ったけれど、その後で、敗戦についてのコメント動画を観ちゃったのである。

 

 

「前から一度、負けてみたいと思ってた。」

 

「負けて、嬉しかった。」

 

「勝負に勝って試合に負けた。」

 

「生物的にはオレが勝ってた。」

 

「相手は大怪我したけど、自分は怪我をしてない。」

 

 

まぁ、言ってることもわからなくはねーが、

 

格闘技界を背負って立つよーな男のコメントではないのである。

 

もう、完全にユーチューバーやね。

 

最近は、「初めて見たときのあの雰囲気がねーな。」と思ってたけれど、

 

試合に負け、そしてそのコメントから、「なるほどね。」と、納得するのである。

 

 

社会の底辺にいるような人生から、その反骨精神と負けん気を武器に、

 

格闘技だけで社会の上位へと、のし上がってきたその姿に感心していたけれど、

 

ユーチューブで成功を収めた今じゃ、周りはイエスマンばかりでチヤホヤされて、

 

どーなんでしょーね・・・。

 

まぁ、多才で賢い頭脳をお持ちであるから、人生で落ちぶれることはないだろーけど、

 

このままやっても、格闘技では、さらに上を目指すのは厳しいだろーね。

 

で、格闘家としての魅力がなくなったから、もうファンは辞めるのである。

 

 

また、コメント動画の中で、

 

「格闘技をもっと広めたい。」

 

「何で、格闘技はもっと人気が出ないんだろ。」

 

と仰っていたのであるが、

 

今回、対戦した相手選手の目は腫れて、鼻は曲がり流血して・・・

 

 

そんなことやりたい人間は少ないに決まってるだろ。

 

 

まぁ、空手でドツき合ってるワタシが言うのもなんですが、

 

 

総合格闘技は野蛮過ぎる・・・

 

 

と、思うのである。

 

馬乗りになってボコボコにしたり・・・

 

見るのもイヤである。

 

あの映像は、小さな子供たちにも悪影響である。

 

で、あんなん見て、やりたくなる人間や、もっと見たいと思う人間が増えたら、

 

 

世の中にとっては良くない。

 

 

と、ワタシは思うのである。

 

で、ワタシは野蛮じゃない、美しい空手を創るのである。

 

 

 

また、負けさせられた相手と再戦したいそーであるが、

 

 

「やられたらやり返す。」

 

「オレはそーやって生きてきた。」

 

 

かっこいいと思うけれど・・・

 

 

昨日、やられた相手に謝ったばかりの咲心太郎には、

 

ちゃんちゃら可笑しいのである。

 

 

 

咲 心太郎