名刀と妖刀の話。

 

名刀「正宗」と、妖刀「村正」。

 

刀工の正宗と村正という2人がそれぞれが作った刀である。

 

この2人の逸話である。

 

 

正宗のもとで刀剣作りに励む村正は、刀の切れ味に対する強い執着を持っていた。「どんな刀よりも切れる刀剣を作りたい。」そんな気持ちを込めて日々修行していたという。だが師である正宗は村正を呼ぶと、互いの鍛えた刀を川に突き立て刃先を上流に向けた。そこに一枚の木の葉が流れてきた・・・。正宗は水流を分けるのみで木の葉は正宗を避けて下流へと流れて行った。だが村正の場合は正宗のようにはならなかった。なんと流れてきた木の葉は村正に吸い寄せられると真っ二つになってしまったのである。これを見た正宗は「斬れるだけでは真の名刀とは言えない。必要以上に斬れ味にこだわると、その心は邪気となって刀に宿り、斬らなくてもいいものまで斬ってしまうのだ。」と諭した。だが村正は「斬れることこそ刀の真髄、自分はそれを追求する。」と言い、正宗のもとを去って行ったという。

 

 

どう?深くてエエ話やろ。

 

名刀と妖刀と呼ばれるのもわかるのである。

 

ワタシも40歳までは、とにかく強い突きや蹴りを追求して、

 

コンクリートを叩きまくったりして‘拳ダコをデカく育てたりしていたけれど、

 

空手の神ちゃまによって、正宗の教えを身に染みて知らされたのである。

 

 

この逸話にはもう一つあって、

 

正宗の刀に流れてきた木の葉がピタッと止まり続け、

 

正宗の気合一閃「ハッ!」と掛け声の瞬間、木の葉が真っ二つに切れて、

 

「人の意によって、斬れる、斬れない刀でなければならない。」

 

と、村正に諭した。

 

っていう話もあるのである。

 

 

まぁ、実際は、生きた時代が違う2人であるから、誰かが作った作り話である。

 

でも、武の真髄をつくイイ話である。

 

で、ワタシの‘拳ダコ‘は、ほぼ消えてなくなったのである。

 

なのに、ワタシの突きの威力は、

 

コンクリートやサンドバックを打ちまくっていた頃よりも、

 

遥かに大きくなっているのである。

 

その突きには、ワタシの意念が通るのである。

 

痛くしようと思えば相手が痛がる突きとなり、

 

吹っ飛ばそうと思えば相手が吹っ飛ぶ突きとなり、

 

崩そうと思えば相手が崩れる突きとなり・・・

 

そんな突きは「名拳」ではなくて、まるで「妖拳」のようである。

 

しかし、正宗の教えを理解したワタシの突きは「名拳」なのである。

 

ワタシの突きに「邪心」や「邪念」は一切無いのである。

 

自分の「邪心」や「邪念」を知り、それを祓うように稽古をするのである。

 

そーすれば、正宗の教えがわかるのである。

 

わかれば、それで「名拳」である。

 

稽古や修行というものは、‘禊ぎ‘とも言えるのである。

 

‘禊ぎ‘の祓いが進むほど、本来の力が輝き出すのである。

 

 

 

 

咲 心太郎

「螺旋の流れ」。

 

いや~、毎日ジメジメして過ごしにくいなー。

 

ちょっと動いたら出る汗がなんとも言えない気持ちワルさである。

 

でも、そんなことはおかまいなしに今日も朝から

 

 

「咲心棒☆」体操である♪

 

 

「咲心棒☆」を担いで、あっちへこっちへそっちへと・・・

 

身体を

 

 

捻じ捻じ、捻じり~捻じり~

 

 

捻じりまくるのである♪

 

先日は新たに首の捻じり方を見つけて、首も捻じ捻じ♪である。

 

何種目かやった後、「咲心棒☆」を一旦下ろすと、

 

 

腕にめちゃくちゃ流れるのである。

 

 

何が?

 

「血」と「氣」だよ。

 

てね、こんなにすぐに効果がわかるのは、ホントに初めてのことである。

 

で、やった後はスゴく身体が軽くなるのである。

 

「マジでいいモノを見つけたなー♪」

 

と、思う毎日である。

 

で、夜になったらもう一回やるのである。

 

気に入ったからやりたくてしょーがないのである。

 

で、嫁ちゃんにも毎日させているのである。

 

そして、イイことは人にも勧めるのである。

 

 

この捻じり運動は、身体の中に

 

 

「螺旋の流れ」を生む。

 

 

そーである。

 

まぁ、「螺旋の流れ」の実感はないけれど、信じれるのである。

 

流れるモノの多くは、螺旋で流れるのである。

 

そんで体操をやった後は、腕にめちゃくちゃ流れてる実感がスゲーのである。

 

で、それが「螺旋の流れ」であるならば、

 

ワタシの空手も良くなるのである。

 

ワタシの空手も「螺旋の流れ」だからである。

 

これは言葉では上手く説明出来ないのであるが、

 

身体の中を螺旋状に「力」、もしくは「エネルギー」が流れて動くのである。

 

「転掌の型」で腕を回旋させると立ちが変わり安定した立ちになるのであるが、

 

これが「螺旋の流れ」を身体に起こした状態なのである。

 

正中線に流れる力も「螺旋の流れ」なのである。

 

生物に流れる「螺旋の流れ」はスゲーのである。

 

以前、このブログで「瀧原宮」にある、一本の木の写真を載せたのであるが、

 

その木の皮の目が螺旋状になっているのである。

 

これは「瀧原宮」の強力な地場のエネルギーがこの木に流れているからだそーである。

 

それが「螺旋の流れ」だということの証明である。

 

で、心と身体の中に「螺旋の流れ」の通り道を作って広げるのである。

 

それには、神仏を拝む心と、空手の稽古と、「咲心棒☆」体操である。

 

これも‘三位一体‘である。

 

 

 

ちなみに明日から土曜日の稽古は組手を主体にした稽古に変更するのである。

 

基本を重点にした稽古、身体と心を整える稽古、他人と対峙した稽古で、

 

曜日で分けて、3種類の稽古になったのである。

 

こちらも‘三位一体‘である。

 

咲心館の空手は「3つで1つ」なのである。

 

そして、咲心太郎は「3人で1人」なのである。

 

 

 

おい、頭の中、だいじょうぶですかー。

 

 

 

お花がいっぱい咲いてるから大丈夫ですよー♪

 

おしまい。

 

 

 

咲 心太郎

「筋」の話。

 

空手のように立ったまま身体を動かす場合に一番大切なことは、

 

その立った姿勢と立っている身体の力感などの感覚、そして心境である。

 

なので、咲心館では、稽古前に「立禅」をやるのである。

 

 

「立禅」とは、‘立ったまま、まったく動かない‘という稽古である。

 

動かず何もせずに立って、その立ちを良くするのである。

 

その良い立ちで動けば、良い動きになるからである。

 

 

では、良い立ちとは?

 

‘天と地を結ぶ力‘である正中線が身体の中心を通り、真っ直ぐに立ち、

 

その線と立った形を保ったまま、心と身体を出来る限り緩めるのである。

 

ワタシは15年くらい「立禅」をやって来ているのであるが、

 

年々、今でも以前よりも緩んでいくのである。

 

つまり、いくら緩んだと思っても、思う以上に身体や心は固いのである。

 

その固い身体や心はどこかに‘歪み‘を生じるのである。

 

 

でも、2,3年くらい毎日やってれば、それなりにかなり緩むのである。

 

正しく立った場合に緩むのは、「表層筋肉」と「自我の脳みそ」なのである。

 

で、その緩んだ状態で突きや蹴りを繰り出すのである。

 

この緩んだ状態で突きや蹴りを出すということは、

 

「表層筋肉」と「自我の脳みそ」が、わずかしか働かないということである。

 

そーすると、「深層筋肉」や「氣の力」などで身体を動かすことになるのである。

 

こちらが本来の動きや力で、「表層筋肉」と「自我の脳みそ」はその付録なのである。

 

その様に人間は出来ているのである。

 

その身体を動かす力の中心が「臍下丹田」、ワタシの言う「肚力」である。

 

「肚力」で動き出し「氣」が流れ、「筋」を動かすのである。

 

「アイツは、なかなか筋がイイ。」

 

なんて言葉も、昔の人は「筋」をよく知っていたのである。

 

この「筋」を動かすと「氣」の流れが良くなり、「氣道」も育つし、

 

「筋」は普通に使っていれば、衰えるスピードは筋肉よりも格段に遅いのである。

 

が、今の時代は、「表層筋肉」や「表層筋力」しか知らなくてそれしか使えない・・・

 

「筋」を動かせない、使えない人が多いのである。

 

で、年を召されるごとに「表層筋肉」が弱っていって老いぼれてしまうのである。

 

「表層筋肉」を使わなければ「筋」を使えるのであるが、

 

筋力が衰えた老人になってからでは、使ってなかった「筋」も衰えているのである。

 

逆に「筋」が使えて「氣」の流れが良ければ、元気なお年寄りに成れるのである。

 

また空手の技も格段にUPするのである。達人にだって成れるのである。

 

 

で、良い立ちを育てることが、健康にも空手の技にも大切である。

 

「筋」で立つ、「筋」で動く、「筋」で締める・・・

 

正中線丹田、氣は「筋」が重要なポイントである。

 

箸を使う、鉛筆を使う・・・

 

これらも「筋」である。

 

 

 

 

咲 心太郎

変人の咲心太郎。

 

昨日、お店に来た70代後半のお客さんが、

 

坐骨神経痛みたいに痛いんだけど、何か治す方法がないかな。」

 

と言うので、無意識に、反射的に、

 

「あるよ。」

 

と応えちゃったのである。

 

昨日は「BODY♡創整塾」の稽古日だったからである。

 

その「咲心棒☆」体操で、ワタシの体調や長年の古傷なんかが良くなってきてて、

 

日々、「咲心棒☆」の効果にワタシは感心しているからである。

 

そんで、「BODY♡創整塾」の説明と身体の立ち方を少し教えたら、

 

「オレ、やるわ。その棒と月謝のお金、今払うわ。」

 

と、いきなりテンションMAXになったのである。

 

で、「そう焦らんと、一回体験においで。それから入会は決めましょ。」

 

ということで、昨日の稽古に来ることになったのである。

 

 

で、ホント嬉しいんだけどさ、空手はともかく、「BODY♡創整塾」の方では、

 

たくさんの若いお姉ちゃんたちに囲まれながら楽しくやるのを夢見ているのだが、

 

どーも、ワタシは何でだか、おじいちゃんに気に入られるようである。

 

なので、1年後には「オジィ♡創整塾」に名称が変わっているかも知れないナ・・・。

 

 

で、夜8時前に体育館へ行くと、

 

 

体育館が真っ暗!

 

 

閉館してるのである。

 

 

ライトダウンという、くだらねー、あ!失敬、立派な日を設けてお休みである。

 

昨日はその日だということを忘れていたワタシがワルいのであるが、

 

コロナでようやく使えるようになったこの時期に、

 

コロナでずっと電気なんて使ってなかったのに、

 

何年も前から決めてやってることだからと言って、こんなことやるか、今。

 

 

「融通」って言葉のない世界の人たちだ。

 

 

コラコラ、自分のミスを他人のせいにするんじゃないよ。

 

あら、スンマセン。

 

 

臨機応変」って言葉も知らねー人たちだ。

 

 

まだ言うか。

 

さっきより文字を小さくしたからエエやろ。

 

ならエエよ。

 

 

で、ボーナスが増えてる!ってさ・・・

 

 

もう言うな。

 

はい。

 

 

 

で、そこへ、70代後半のお客さんが来たのであるが、

 

体育館がお休みなので「ごめん。」と言って帰ってもらったのである。

 

が、すぐに片道1時間ほどかけて来ているお弟子さんがやって来たのである。

 

で、結局、5人のお弟子さんが来たので、

 

 

体育館の玄関前の踊り場で、

 

 

うす暗い中で、みんなで「咲心棒☆」を担いでやったのである。

 

途中、人が通ったり駐車場に車が来て、何人かの人に見られたのであるが、

 

暗がりの中で、へんてこりんな棒を担いで何かやってる怪しい連中である。

 

変人の咲心太郎は、

 

 

こーゆーの、めちゃめちゃ楽しい、大好き♡

 

 

なのである。

 

大切な仲間との良い思い出が、また一つ出来たのである。

 

人生とは「思い出作り」なのである。

 

 

 

と、昨日は、

 

 

融通を利かせ、臨機応変に稽古をやったのである。

 

 

まだ言うの…

 

 

 

 

咲 心太郎

天の村雲九鬼サムハラ龍王☆

 

昨日、ブログの最後に

 

「サムハラ龍王がお出ましである。」

 

って、ブログの締めのおフザけで書いて終えたら、

 

「コラッ、合気神髄を読め。」

 

と、突然、ワタシにサムハラ龍王のお出ましである。あちゃ~である。

 

で、昨日の夕方と今日の午前中で久しぶりの一気読み、本気読みをしたのである。

 

 

f:id:kazu2132go5:20200707150957j:plain

 

 

この本は、17,8年前に買って読んだのであるが、神さまの名前がたくさん出て来て、

 

「なんかスゲーことが書いてあるな。」とは思うけれど、内容の意味が全くわからず、

 

無神論者‘だったワタシは何十回も読み直したけれどやっぱりチンプンカンプンで、

 

それで、「古事記」を買って、神さまのお勉強を始めることになったのである。

 

で、今ではそんな神々に守られて、自信満々の‘有神論者‘である。

 

 

17、8年前に読んだきり、この「合気神髄」は本棚の飾りとなっていたのであるが、

 

昨日、急遽、久しぶりに読むことになったのである。

 

 

天の村雲九鬼サムハラ龍王

 

 

フルネーム、これが正式名称みたいである。カッコいいのである。

 

☆はワタシがサービスで付けたのである。

 

これが「合気」の神ちゃまである。

 

 

「合気」は、その昔、宇宙の始まりから

 

 宇宙全体の条理で働いている。

 

 

と、サムハラ龍王の働きもこの本に書かれていたのである。

 

あんなにわからない内容の本だったのに、

 

17,8年経った昨日は、スゴく腑に落ちることが多くて、自分にビックリである。

 

「努力は無駄じゃない」、神は必ず、何事にも報いを与えてくれるのである。

 

 

しかし、なんだね、やっぱりとんでもなく‘スゲー本‘だったのである。

 

このお方、植芝盛平さまは「日月神示」や「法華経」にも通じていたのである。

 

本を読んで、そのことがわかるよーになったワタシもスゲーのである。

 

が、このお方の「合気」にはまだまだ程遠いこともわかるのである。

 

で、ワタシが知る限りの武道家、武術家、思想家・・・・の中では、

 

 

ブッチギリのNO.1

 

 

で、スゲー達人だと思うのである。

 

もちろんこの思想だけでなく、合気道の動画を観ても、その技も素晴らしいと思うし、

 

晩年のお弟子さんたちを「触れずに吹っ飛ばす」姿を動画で観たときは、

 

「神憑り。」

 

って、言葉が浮かんだけれど、やっぱり神憑っていた人だったのである。

 

と、心からわかったのである。

 

で、このお方は、武の道を歩む者は、「ココを目指して欲しい。」そーである。

 

なので、素直なワタシは「ココを目指す」のである。

 

そーすれば、このお方を始め、たくさんの大昔から武を極めた方々の

 

 

武魂が寄り集まって来るそーである。

 

 

「合気の正体」である。

 

たくさん寄り集まっていただいて、この魂の意志を受け継ぐのである。

 

これが咲心館の歩む道である。

 

で、どこへ行くの?

 

知らんがな。

 

 

 

咲 心太郎 

「合気上げ」と「アイキ♡上げ」。

 

今朝から久しぶりの筋肉痛である。

 

ワタシは空手をやりながらも筋肉痛にならない動きや稽古を心がけているのであるが、

 

昨日の「BODY♡創整塾」という健康と身体の柔軟性を良くする稽古で筋肉痛である。

 

筋肉痛になると身体を固くしちゃうのである。

 

身体が固くなると血流もワルくなり、いろいろとあまりよろしくないのである。

 

じゃ、「BODY♡創整塾」はダメなんじゃないかー。

 

あのね、「咲心棒☆」を使った体操などは、身体の中心や深層部位から緩んで、

 

血流もビュンビュン♪によろしくなるのであるが、

 

筋肉痛の原因になったのは、心を整える稽古の方でやった「アイキ♡上げ」、

 

合気道の世界では、通称「合気上げ」という稽古なのである。

 

身体を使わねーと心は整えらねーのである。

 

それで筋肉痛になっても仕方ねーのである。

 

で、さっき「咲心棒☆」体操で、身体を緩ませたのである。「お疲れさん♪」って。

 

 

この「合気上げ」という2人でやる稽古は、

 

お互いが正座で対面して、片方が両腕を腿の上に置き、

 

もう片方がその両腕を上から押さえつけ、

 

押さえられた方はその両腕を持ち上げて相手を崩すという稽古である。

 

まぁ、これ、やってみたらわかるのであるが、

 

正座した状態で思いっきり両腕を上から押さえられたら、腕が上げられないのである。

 

ってか、よっぽど筋力の差がないと、上がるわけがねーのである。

 

それが「合気」になると腕が上がるどころか、身体が持ち上がるのである。

 

女性が男性を、子供が大人を!だって持ち上がるのである。

 

 

10年前に初めてワタシの師となる人を本で見つけたとき、この本の中で、

 

この「合気上げ」で相手を持ち上げた、師の写真があったのである。

 

 

ど、どーやったらそーなるの?

 

 

と、

 

 

尋常じゃないことが起こってる・・・

 

 

 

この師の「合気上げ」は、普通の「合気上げ」とは違って、持ち上げられた相手は、

 

 

バレリーナのようにつま先立ちになってしまう!

 

 

のである。

 

人差し指1本でもそーなるし、割りばし1本でもそーなるのである。

 

しかも、ピョン♪って感じで、跳ね上がるのである。

 

 

そんなバカなことがあるかー。

 

 

ということで、何とか会ってもらえることになって、確かめに行ったのである。

 

そしたら・・・

 

 

マ、マジやん。

 

 

だったのである。

 

しかも、

 

 

いただけちゃった。

 

 

のである。

 

何を?

 

 

アイキ♡

 

 

という摩訶不思議である。

 

師の「合気上げ」は「アイキ♡上げ」というのである。

 

「合気」と「アイキ♡」は、ちょっと違う・・・

 

いや、「アイキ♡」の中の一部が「合気」なのである。

 

まぁ、コレがわかる人はそうそういないと思うけれど、

 

そんなわけで、ワタシは「アイキ♡」を教えている、いや伝えているのである。

 

で、「アイキ♡上げ」で「アイキ♡」が伝わると、

 

バレリーナのようにつま先立ちになってしまうのである。

 

 

「アイキ♡」という摩訶不思議が身体と心を通ると、

 

不随意筋に反射が起こり、つま先立ちになる現象が起こるのである。

 

で、これが、深層筋から働くので、何度もつま先立ちになると筋肉痛になるのである。

 

そんなわけでワタシが筋肉痛になったということは、

 

 

ワタシが何度もつま先立ちにさせられた!

 

 

ココがとても重要なのである。

 

闘う空手、闘う武道の世界においては、

 

師が弟子に崩されたりやられるなんてことは御法度なんであるが、

 

「合気」や「アイキ♡」の世界の稽古では、こーなるのである。

 

なんで、こーなるか?

 

コレを読んで、コレがわかり、その自分の心を知れば、

 

「合気」、そして「アイキ♡」がわかるのである。

 

ちなみにどちらかがつま先立ちになったならば、

 

2人に「アイキ♡」が流れ、働いたということである。

 

 

腕と身体を持ち上げる「合気上げ」と、つま先立ちになる「アイキ♡上げ」、

 

この稽古は誰でも出来るので、お試しあれ。

 

もしも、つま先立ちになって「アイキ♡」が通れば、何かが変わるヨ。

 

サムハラ龍王のお出ましである。

 

なんだそれ。

 

 

 

「アイキ♡」伝道師 咲 心太郎

祝☆咲心館「BODY♡創整塾」始動♪

 

本日は、

 

祝☆咲心館「BODY♡創整塾」始動♪

 

したのである。

 

 

で、初日の今日は、10代後半1名、20代前半1名、50代後半1名、

 

そして50歳のワタシの計4名で盛大にスタートしたのである。どこが盛大なんだよ。

 

最初はこんくらいでワタシという人間のキャパにはちょーどイイのである。

 

で、おじさん2人と若い兄ちゃん2人が、へんてこな棒「咲心棒☆」を持って、

 

体育館を歩く姿は、何とも言えないイイ気分♪である。

 

で、さらに、「咲心棒☆」を担いで、あちらこちらへと身体を捻じり、

 

女性にも負けないくらいの悩ましいポーズが鏡に映った4人の男たちの姿に

 

あらいやん♡ってな感じである。もちろん全員、ホモではないのである。

 

で、今日来たみなさんには好評をいただけたようである。

 

特に「アイキ♡」の稽古は楽しまれていたようで嬉しかったなー。

 

今日来れなかった人も何名かいるので、

 

みなさんに効果があれば、これからどんどん広げていこーと思うのである。

 

「アイキ♡」は人の心を明るくするのである。

 

人の心が明るくなれば、人の世も明るくなるのである。

 

 

そんな中、稽古終了後、前道場のお弟子さんで、日曜日の稽古に5年間ほど来てた、

 

高校生2人、小学生1人の3人兄弟が来たのである。

 

受験勉強とコロナで咲心館の稽古に来てなかったのであるが、

 

自粛期間中にまた稽古に来たいというような申し出があったので連絡したのであるが、

 

この兄弟は試合で活躍することが目的だということで「BODY♡創整塾」の始動日に、

 

わざわざ遠くからお別れの挨拶に来たのである。

 

 

このブログを読んでいる人はわかると思うけれど、

 

ワタシの空手、咲心館は「心を明るくする」のが目的であって、

 

試合で勝つことは目的とはしていないのであるが、

 

試合に出る人がいれば、「心を明るくする」ために試合で勝てるように

 

稽古をやるのは当たり前のことである。

 

で、咲心館の空手稽古やBODY♡創整塾では、

 

身体と心の健康創りを最重要視しているけれど、

 

心の健康創りの中に「試合で勝つことを目標」にすることは含まれているのである。

 

でも、前道場に今も在籍してて、咲心館の稽古に来るのを迷うような人には、

 

その説明はしないし出来ないのである。

 

迷ってるのを来させたら、前道場から引き抜きになっちゃうのである。

 

てか、ホントに来たい人は勝手に稽古に来るのである。

 

 

で、この兄弟の試合での活躍はワタシも期待していたので、

 

もしも咲心館に来たならば、彼らの住む市の中心に道場を設けようと思っていたが、

 

残念ながらこの密かな計画は中止になったのである。

 

 

ま、まだしばらく、こじんまりやってろ!ってことである。

 

今、来てくれてる人だけでも十分満足でもある。

 

けど、デカくしたいね。

 

 

 

 

咲 心太郎