二つの眼ん玉と二つのお耳。

 

夕べは嫁ちゃんが実家に帰ってたから

 

連休で家に帰って来てた息子くんと2人で近所の居酒屋でご夕食となったのである。

 

3年ほど前にこの居酒屋で、ワタシvs10人くらいで乱闘騒ぎを起こしたのである。

 

で、反省したワタシは1年間出入り禁止の処分を自ら課したのである。

 

そして1年後、白山に登って禊ぎをして、またお店に顔を出すようになったのである。

 

そんで昨日、お店に入ると「○○さんが来たよー。」とみなさんでお出迎えである。

 

こんな対応は初めてで、え!?急にどないしたん?もうビックリね!である。

 

で、入り口付近の座敷に座ろうとしたら「奥の部屋を使っていいよ。」と

 

なんと!宴会用の大広間にご案内されたんである。

 

息子くんとたった2人で6テーブルくらいある大広間である。

 

去年の暮れに空手の仲間と8人のときは、2テーブルだったのに!である。

 

笑顔で「いつもありがとうございまーす。こちらをどうぞ。」とVIP待遇である♪

 

そりゃ~ご機嫌を良くしたワタシはたらふく食べて♪飲んだ♪に決まってるんである。

 

で、とても幸せなひと時を過ごしたんであった・・・

 

が、お会計も、あらまぁ~もうビックリね!である。

 

でも、やっぱり幸せなんである。

 

 

 

 

今までに何十回も来てるのに突然、初めてこんな親切な対応をされてホントにビックリしたのであるが、そんで昨日はご機嫌良く過ごさせてもらえて、ものすごーく酔っ払いになられたのであるが、今朝起きて酔いが醒めると…昨日はお客さんが多くいたのでワタシは隔離されたんじゃなかろーか・・・と思ったのである。って流行りのコロナウィルスじゃなくて、またケンカウィルスをばら撒かれたら困ると思いになったのかも知れない…と思うわけである。もし、昨日の対応の時点でワタシがこう思っていたら幸せなひと時とはならず、とても不愉快になっていたのである。しかし幸運にもワタシは親切な扱いをされたと受け取ったのでおいしく食べて飲んで幸せを満喫したわけである。このように人間には二つの眼ん玉と二つのお耳があるように、一つの物事を二つに受け取るように出来ているんである。そんで知らずにどちらかを選んで人生をお楽しみになっているんである。で、昨日のお店の人たちが親切でしてくれたのか?あるいは隔離だったのか?なんてことはワタシの人生にはぜんぜん関係のないことなんである。この人たちの対応をどう受け取ってどう過ごすかがワタシの人生なんである。二つの眼ん玉と二つのお耳で受け取る片方は幸せを、もう片方は不幸を受け取るんである。そのどっちを選ぶかは自分なんであり、その自分が選んだ人生が幸不幸になるんである。他人のせいなんてーもんはないんである。自分が幸で受け取るかどうかである。幸で受け取れば、すべてが嬉し楽しでおかげさまになるんである。

 

 

 

とは書いたけれど、

 

ワタシは昨日のビックリ対応の瞬間、その時点で両方の思いを抱いたんである。

 

そんで自ら幸を選んで受け取ったのである。

 

酔いが醒めた今も、

 

お店の人たちはワタシを隔離したんじゃなくて

 

乱闘騒ぎを起こすようなワタシなのに親切にしてくれたのだと思うんである。

 

そんで昨日はケンカウィルスではなくて

 

[合気ウィルス♡]をたぁ~っぷりと撒いて来たんである。

 

だって、このお店でやった乱闘騒ぎのおかげで

 

ワタシ、キレなく成れたんだもん。

 

ホントにありがとう。ホントに幸せである。

 

 

 

 

乱闘騒ぎのあの日あの時・・・異次元と思える世界を垣間見ちゃったのである。

 

 

 

 

咲 心太郎